エリエット~ささやかな〇〇っ

<ささやかな発見っ>から移行♪

記事一覧

♦SMILE♦ ← エリエットが撮りためた写真を掲載中

千葉県と新潟県を活動エリアにしています

■2015年長女誕生、2018年次女誕生■ ■:ほくろとったり胆のう切除したり:■

■:現在ダイエット中:■ ■:2021年7月マイホーム完成!!:■

♦マイホーム♦   ♦育 児♦   ♦D I Y♦   ♦料 理♦   ♦千 葉♦   ♦新 潟♦

闘い





この三日間のエリエットの軌跡です。 
リエット、久々にばたんきゅーになりました。
こんなになるなんて前回のインフルエンザ…いやインフルエンザよりも症状はひどかったと思うよ…。


木曜の午前で仕事を引き上げました。
というか多分、水曜の夜からすべては始まっていたのかも。
水曜の夜のフィットネスでの45分間のスタジオプログラム、それが30分でもぅぶっ倒れそうでリタイヤでした。
椅子に座ったらもぅダメでグラグラして動けなくて、ぅわーって状態で。
まぁそんなこと何度かあるので気にしてなかったんだなー。


まっそんな翌日、
朝から下痢と胸から腸までの違和感とムカムカ芯の冷え。
どこが痛むとかはないので鎮痛剤飲むに至らなくて、でも何かが変だとエリエット自身感じていたの。
だから仕事もなかったのもあって、早退したの。
帰宅後、身体の芯の冷えというか凄まじい悪寒というのか異常に感じられ、すぐに横になりました。
3時間の爆睡後、パチリと目を覚ますと、もぅその時には完全に具合の悪いエリエットになっていたのです!
トイレに行ってはうなされ吐き気と気持ち悪さと頭がグルグルグラグラする感じがエリエットを襲う!!!
それでもまだ大丈夫だと思い込んで夕食時に居間に行ったものの異常なガクガクと震えが。
雑炊を用意してもらったものの全然食べられず、もちろん入浴も絶対死んでしまう!と思ったので必死で寝床へ。
ひどい具合の悪さはすぐにエリエット眠りに誘い、
次に目が覚めた時には全身熱く、身動きできず、生き地獄。
この時初めて体温計をもらって熱を測ったら39℃ありました。
なんてこと!
てかいつから熱があったのかわかりません……多分結構前から?
前に薬を飲んだ時間もあって23時頃にロキソニンSを服用。
2時間後には熱は37℃台まで下がったものの急激な体温変化のためか解熱効果で全身汗だくー。
服もぐちゃぐちゃでひどい状態に。
それまで大してひどいと思っていなかった腹痛や下痢も夜中は30分に一度トイレに行きました。
ほぼ寝てないよー。


翌朝、熱は37℃から平熱といっても36℃代(平熱は35℃前半)で腹痛と頭痛がひどく有無を言わさず仕事を休みました。
あまりにつらく一日ベッドの上にいてもあっという間です。
寝るのが飽きたとか一切ないの。
どんだけ具合悪いのよ、って感じだよ。
昼食と夕食はちゃんと一食食べることができました。
朝食は喉も通らなかったんだけど、時間と共にやや回復傾向かな。
今はとにかく食べて力にしないと治らないと悟ったのです。
食べれば食べるほどトイレに行く回数はすごくすごく増えるけど、
トイレに行って苦しもうが食べなければ一向に治るはずない!!ですから。
やはり食べれば体力がつくようで夜にはしっかりしてきました。
腹痛と頭痛は通常の鎮痛剤で押さえていれば普通の生活ができる感じ。
ただいきなりの腹痛には悩まされましたが。
トイレの回数は安静時2時間に3回。
ひどい時は10分に1回の頻度です。
最後まで腹痛には悩まされました。


これは19日投稿ですが、実際は21日投稿。
翌20日は腹痛の胸付近の気持ち悪さで完全体になれなくて、お腹にはホッカイロ張ってました。
案外これが結構よくて、温めていると大丈夫な気がするの笑
夜にはしっかりしてきて、完全体に戻ることができました。
正味、丸4日、エリエットは闘いぬきました。



さて、この闘いの軌跡ですが、
ノロウイルス(感染性胃腸炎)と思われます。
前にもこれ、やったことあるの。
2009-02-17
2009-02-18
あの時はお風呂から出ることも立つこともできず、必死で助けを呼んだの思い出すわ…

ノロウイルスWikiより抜粋》

  • 症状-

主な症状は、嘔吐・下痢・発熱で、「お腹の風邪」と呼ばれていた。症状には個人差があるが、主な症状は突発的な激しい吐き気嘔吐、下痢、腹痛、悪寒、38℃程度の発熱で、嘔吐の数時間前から胃に膨満感やもたれを感じる場合もある。これらの症状は通常、1、2日で治癒し、後遺症が残ることもない。ただし、免疫力の低下した老人や乳幼児では長引くことがあり、死亡した例(吐瀉物を喉に詰まらせることによる窒息、誤嚥性肺炎による死亡転帰)も報告されている。

  • 感染経路-

ノロウイルスによる感染症は経口感染が原因で、その感染経路から以下に大別できる。

飲食物からの感染(感染型食中毒)
a. 食中毒:ウイルスを蓄積した食材およびウイルスで汚染された食品を喫食して感染。
b. 水系感染:水道水、井戸水などがウイルスで汚染され、その水を飲み感染
ヒトからヒト
c. 感染者の糞便や嘔吐物から手指を介して感染。
d. 感染者の糞便や嘔吐物に排出されたウイルスが付着し、飛散した飛沫から空気感染。(飛沫感染或いは塵埃感染とも呼ばれる)
e. 感染者が十分に手を洗わず調理した食品を食べ感染。



斜めの字体がエリエット体験です。
しかも感染源が水です(多分)
それ以上はバカバカしいので言えません笑
自業自得なんで…へっ…


それでは、皆さん、ノロウイルスには気をつけて。終。



f:id:eliet0909:20201016103546p:plain