エリエット~ささやかな〇〇っ

楽しい毎日にすることをモットーにしています☆

記事一覧

♦SMILE♦ ← エリエットが撮りためた写真を掲載中

千葉県と新潟県を活動エリアにしています

■2015年長女誕生、2018年次女誕生■ ■:ほくろとったり胆のう切除したり:■

■:現在ダイエット中:■ ■:2021年7月マイホーム完成!!:■

♦マイホーム♦   ♦育 児♦   ♦D I Y♦   ♦料 理♦   ♦千 葉♦   ♦新 潟♦

《千葉鴨川市》鴨川シーワールド

鴨川シーワールドに行ってきました!!!

エリエットは8年ぶりのシーワールドでしたが、子供達も新潟から来たじぃじばぁばも初めてでウキウキで入場しました♪

この日は‘家族の日’ということでチーパス持参でスタンプラリーブックが貰えるというラッキーデーでした。

ということで子供達はスタンプラリーをしながらより楽しむことができました♪

4歳のカーラちゃんが一番気に入ったのはベルーガです。

とっても可愛い、と虜になっていましたよ。

ベルーガの水槽上部には上部を映し出すスクリーンもあってよくベルーガを観察することができました。

ベルーガの人間の声の真似をするパフォーマンスには本当に驚いたし、大型海洋生物ってすごいって本当に感じました。

またベルーガの出産シーンや成長記録も知ることができて子供達も勉強になったと思います。

鴨川シーワールドは1970年開業らしいのですが、そのわりにはとても水槽内がきれいでしたね。

子供達はざんねんなどうぶつ事典での知識があり、そこに登場する生き物を見つけては本物を見れて喜んでいるようでした。

チンアナゴやマンボーを見ているカーラちゃんは口数も多く、4歳のわりには水族館を楽しめているようでした。

イカの展示はあまり見かけないのでまじまじと見てしまったエリエットです。

トロピカルアイランドは南国感あふれるエリア。

ここで見れるウミガメの赤ちゃんが超かわいくてキュンキュンしましたね。

8年前もキュンキュンしたことを覚えてるわ。

そしてイルカパフォーマンス。

天候があやしくなり冷たい風があたる環境でしたが立ち見で見ていました。

イルカってかわいいですよね。

とっても頭が良いなぁと感じるし、そんなに巨体でもないのに人間のせたりできるなんて。

イルカのパフォーマンスで最高だと思うのは何体も同時にジャンプする時。

イルカはすごい!!と本当に思うはフォーマンスでした。

最後に見たのはシャチのパフォーマンス!!

鴨川シーワールドのメインですね♪

天候も悪くなって雨の中、雨がっぱがわりのシーワールドポンチョを着て楽しみました。

激しめに水しぶきのサービスをしてくれるシャチさん♪

客席の悲鳴のような歓声と同時にずんっとコンクリート製の観客席が揺れるのよ。

それにはカーラちゃんも「こわいよ、もうやめてよ」とシャチに敵意を感じてしまっていましたね。

水が動くとこんなに重みがあるんだと体感できるパフォーマンスです。

イルカのパフォーマンスと同様に人間とシャチのパフォーマンスもありますが、

本当にトレーナーさんからシャチ愛を感じましたね。

その愛に答えるかのようにシャチからも人間と一緒にやってるぜっていう愛を感じまして、

ダイナミックなパフォーマンスに大きな愛を感じまくりでした。

イルカよりも巨体だからこそできる圧倒的な技。

巨体だってダンスは踊れるし、人間も持ち上げられるし、

シャチってこんなすごいんだ!! ただただ驚くばかりです。

この後もがっつり雨に降られましたが車に戻って4時間半いたことに気づく。

余裕で長い時間滞在できるのが鴨川シーワールドなんですね♪

とっても楽しかったです♡

カーラちゃん「また今度行きたい」

だそうです。

《千葉大多喜町》養老渓谷滝めぐり遊歩道へ

養老渓谷に行ってきました!!

養老渓谷は千葉に越してからも一度も行ったことがない場所。

天気は微妙でしたが秋の紅葉の時期だし思い切って行ってきたよ。

その手前には前に書いた素掘り二層式トンネルがあります^^

今回は小沢又駐車場という有料駐車場に車をとめさせてもらってそこから養老川を上流にのぼる形で滝めぐりです。

初めてでしたが駐車場でマップをもらったり説明してもらったりしたので安心して行けます^^

遊歩道の入り口はこんな感じでめちゃくちゃ角度のある下り坂。

遊歩道なので逆方向に歩くこともできますが上流から下流方向で歩く人にとっては最後にえらい坂道を上ることになるので注意が必要ですね。

えらい坂道を降りると養老渓谷の谷間に到着。

とてもきれいな水が穏やかに流れていて素敵です!!

千葉県養老渓谷は日本でも一番遅い紅葉とも言われていて、

この日は11月20日、まだ紅葉も始まったか、という具合です。

そして千葉県の紅葉は色づきがあまりよくないのもまた一つあり、

特に養老渓谷は色づくような木も多くないので、紅葉を楽しみに養老渓谷に行かれる方にはがっかりに思われることもあるかもしれません。

ここの良いところはきれいな水の近くで森林浴を楽しみながらのんびり歩けることです。

今回は60オーバーの新潟じぃじ&ばぁば、そして4歳と7歳の子供も一緒に行っていますが良いお散歩コースだと思います。(所要時間1時間半はかかる)

最初の谷間に行く時と戻りの谷間を登る時こそちょっと大変ですが、遊歩道はフラットで最高の道ですね。

水が出ている岩もありました。

やはり山の水、夏も冬も水の温度は一定とのことです。

紅葉を見に行く、ということで養老渓谷にやってきましたが、

やはり紅葉は色づきはしていても色づく木が少ないので良い木があると写真撮ったりする感じでした。

水で削られた岩に興奮するタイプのエリエットなので↓こんな風景にテンション上がったりさ。

↑子宝もみじ。

大きなもみじの木です。逆光がすごいんだけど、おかげで枝の広がりがよくわかる一枚になりました。

萬代の滝。

こちらではダンスグループが滝を背景に映像取りをしていましたよ。

生でダンスとか見る機会はないのでタイミングよく見れて良かったです◎

千代の滝。

滝、というにはちょっと滝とはなんぞや、という前提問題になりそうな滝ですが。

岩肌から流れる水…エリエット的には超好きだけどねっ☆

そしてメインの粟又の滝。

水量は多くはなかったですけど、幅のあるスライダーのような滝でした。

養老渓谷全体の遊歩道を歩かずにこの滝だけを見に来ている方々もたくさんいましたね。

滝の上の方にも行けるようでしたが、4歳7歳と高齢者連れなのでここでとりあえず遊歩道を脱出です。

そこからちょっとした階段をのぼり、県道に戻ってきます。

やはり高低差を考えると粟又の滝側のほうが高低差が少なく楽なので遊歩道反時計回りで見るのが一番良いですね。

展望台から見る粟又の滝。こちらで見る滝が一番紅葉らしい景色ですね。

また次回訪れる時は粟又の滝左サイドから上を目指してみようと思います♪

 

f:id:eliet0909:20201016103546p:plain